img_01

九州で働くなら西原商会はいかが


就職はなるべく故郷が良いと言われています。
特に地方ではなるべくそうした方が良いかもしれません。
その理由として、言語があります。
東京周辺でしたら標準語しか聴こえませんが、
青森や鹿児島の方言はかなりドギツイです。
40代や50代の社員とコミュニケーションを取るのが、
とても難しいです。
昔から故郷の方言に慣れていれば、
年配の上司とも比較的にコミュニケーションが取りやすいと思いますよ。

西原商会もそんな感じの会社になります。
若い世代がとても多い会社ですが、年配の上司は何人も居ます。
昭和46年からある会社で、上司の中には根っからの薩摩っ子が何人も居ます。
西原商会あるある」でも、上司の方言がきつ過ぎて何を言ってるかワカンネ、
というのがありました。
訛りの強い方言は鹿児島生まれでもキツイかもしれませんが、
東京生まれ東京育ちよりかは、ある程度意思疎通が出来るかもしれませんね。

就活するなら、従業員(特に幹部)の年齢や出身も調べておきたいところです。
東京に本社を構えていても、上司が全員薩摩っ子だと、
方言の強い鹿児島弁を喋るかもしれません。
日常会話こそ標準語を使うと思いますが、
叱る時と酔っぱらった時は、方言が飛び出すかもしれません。
代表取締役のプロフィールは
割と色々なところ(SNSとか)に記載されていますので、
頑張って探してみてください。

西原商会は全国に支店を持つ会社です。
東日本の支部に勤めるのでしたら、
九州の地方の方言はほとんど聴かないと思います。
幹部との連絡も、メールを介した標準語だと思います。
さすがにメールで方言が飛び出すことはありません。
しかしいつ九州に異動するかは分かりません。
西原商会の業績は、業界でも類を見ないほど急成長を遂げているため、
早々異動はないと思いますが、世の中何が起こるか分かりません。
もしかしたら、栄転として本社勤務になるかもしれませんね。
西原商会に勤めるなら、可能な限り九州の方言を覚えておきたいところです。



Menu

Information